琵琶 双山敦郎 晴耕雨琵

琵琶プレーヤー双山敦郎のブログ

ブラックライブズマターを考える五曲

ブラックライブズマター

 

自分ごとにするうえで、
五曲選んでみました。

 

一曲目
チャイルディッシュ・ガンビーノ
『This is America 』
https://youtu.be/VYOjWnS4cMY
明るいメロディと陽気なダンスから始まる曲、
PVが衝撃。
銃を撃つときのガンビーノのポーズが
「ジムクロウ」という黒塗りの白人が演じたキャラクターのアイコンのポーズだったりと、
様々な暗喩が込められているのが深い。

これがチャート1位をとる、
日本でも差別問題に切り込んだ歌がチャートに入る、そんな時代が来て欲しいですが。

 

二曲目
マイケルジャクソン
『ゼイドントケアバウトアス』
https://youtu.be/QNJL6nfu__Q

マイケルの黒人差別のテーマの曲というと
『ブラックオアホワイト』が有名ですが、

『ゼイドントケアバウトアス』のマイケルの方が
歯を剥き出して闘っている感じがする。


I am the victim of police brutality, now
私は警察の横暴の犠牲者だ、

 

三曲目
ナット・アダレイ
『ワークソング』
https://youtu.be/SMPhoC_jwKg

大正製薬のCMで流れてた曲で耳馴染みがあるかと、
ワークのソングなので、24時間働けますかのイメージで使われてたニュアンスですが、
本当は、
貧困のために犯した罪の(不当に)重い重労働を憂う曲

 

 

四曲目
『我が心のジョージア
レイチャールズ
これは曲自体は故郷のジョージア州を想う曲なのですが、

レイチャールズがカバーをしてヒット
凱旋でジョージア州でコンサートしようと訪れると、
そこは南部、ディープサウス、
観客席が有色人種と白人種で分けられていた

それを理由にレイがキャンセルすると、
ジョージア州がレイを追放した、という。

 

 

五曲目
ビリーホリデイ
『奇妙な果実』
マストな一曲
南部には奇妙な果実が揺れている、という歌詞なのですが、
何が『果実』なのかは調べて頂ければ。

ビリーホリデイがオリジナルですが、
色んな歌手がカバーしているので、
アニーレノックスのカバー
https://youtu.be/j_cGtRMK-7Y

 

『奇妙な果実』は白人のルイス・アレンの作詞作曲ですし、スティングやアニーレノックスを含め

白人歌手もカバーをしています。

『This is America』のPV製作は日系アメリカ人のヒロムライ

 

ブラックライブズマターはどの人種にとっても

自分ごととして向き合ってよい問題ですよね。

 

日本でも、

『奇妙な果実』は決して他人事ではなく、

いまから100年ほど前には、

全くの風評で多くの方が亡くなりました。

 

アメリカのように

マジョリティ側からも、

差別を憂い、闘い、寄り添う歌が、もっとあれば。

 

 

 

 

 

アメリカの暴動史

ミネアポリス暴動が日に日に激化しています。

 

日本でも、
職務質問の際に無抵抗のクルド人男性に
警官が首や足に怪我を負わせたニュース
任意捜査における有形力の行使はどこまで許されるか、という論点ありますが、
これは違法です。

 

それよりも、このニュースやツイートにぶらさがる
外国人への偏見コメントのひどさよ。
こうやって加速していくのですね。

対岸の火事ではありません。

 

ロス暴動は、
殴打する警察官がビデオ録画されたのが引き金になりましたが、
スマホで録画してアップロードできる現代は、
より顕在化しやすいことを肝に銘じねば。

そこで、
歴史に学ぶためアメリカの暴動史をまとめてみる。

 

ワッツ暴動
1965年8月11日から8月17日
ワッツ市カリフォルニア州
死者34人・負傷者1,032人
道路上を蛇行運転していた黒人男性を尋問、
本人と家族を逮捕
検挙の様子をみていた集団が暴徒化

 

デトロイト暴動
1967年7月23日から27日
43人死亡
1189人負傷
違法酒場の摘発がきっかけ
7月25日に
アルジャーモーテルで警察官が十代の黒人の少年三人を殺害
2年後に無罪判決
ちなみにこの事件は映画化されてます。

ジョン・ボイエガ主演『デトロイト

 

マイアミ暴動

1980年5月17日から20日
死者18名負傷者350名
33才のアフリカ系男性がバイク運転中
速度オーバーで警察が追跡、
追いつかれた際に殴打
裁判をマイアミからタンパへ移送
その後、警官は全員無罪

判決結果が引き金で暴動

 

ロサンゼルス暴動
1992年4月末5月頭
死者53人負傷者約2000人


きっかけはロドニーキング事件とラターシャ・ハーリンズ射殺事件
1991年3月3日、黒人男性ロドニー・キングがスピード違反で逮捕
マグライトや警棒で殴られるシーンが撮影される
翌年4月29日に無罪評決
白人住民の多かったシミ・バレーで法廷が開かれ、陪審員に黒人は含まれていなかった

 

ラターシャ・ハーリンズ射殺事件
1991年3月16日
バックパックにオレンジジュースを入れ、手に支払いのための小銭を握っていた黒人少女ラターシャを韓国系アメリカ人の女性店主が射殺
判決は5年間の保護観察(懲役なし)

ロドニーキング事件の無罪判決をきっかけに暴動

 

2020年5月25日〜現在
ジョージ・フロイドが白人警官に押さえつけられ、後に死亡する事件が発生した。
フロイドが「息ができない」”I can’t breathe.”と訴え、殺害されるまでをおさめた動画が拡散。
現在死者3人

 

 

上をみると
アメリカの暴動史は
司法と密接に関わってますね。

 

管轄裁判所を白人地域に移送、
陪審員の偏り、
無罪、
暴動、

 

今回も警察官の解雇と拘束(拘束が精細的意味合いを持つことには反対ですが)は、
今までの反省を踏まえたものか。

 

最後の砦の司法が公正でないとなれば、
暴力しかない、となる。
役割大きいですね。

新型コロナ対策としての音楽授業

新型コロナ対策で、

音楽の授業は当面

歌は歌わず、リコーダー、ハーモニカ、鍵盤ハーモニカなど
吹奏楽器はNGだそうです。

 

そこで、リンクで提案されているのが、
強弱記号のない譜面を前に、
強弱記号を付けたり、曲想を浮かべるという。

 

うーむ。それはなかなかレベルの高い授業だ。
譜面みて、頭の中に鳴る音楽にウットリする指揮者いますけど、

それを、やるのか笑。

⤵︎
https://kyoiku.sho.jp/48602/

 

まぁ実際に、
自分がリコーダーと鍵盤ハーモニカと歌を禁じられた音楽教員だったとして、
何をすればよいのか。

 

唾が出ない楽器というと、 
打楽器、鍵盤楽器、弦楽器ですか。

 

ピアノ、は音楽室に一台しかないし、
木琴やビブラホンも一台ずつですよね。
弦楽器は、何故か義務教育では登場しない楽器で
(音高とかなら弦楽あるでしょうけど)、

 

というところで、
カホンがよいのでは。

 

カホンはペルーで生まれた
四角い箱に穴開けただけの楽器なのですが、
おそらくストリートライブで、ドラムセットの替わりに
リズム隊として叩いている人をみたことあるはず。


タンバリンやトライアングルよりも
ロディアスにリズムが取れるのです。

 

このカホン
ダンボールで作れます。

 

おそらく、買い物いけないので、
家の中にアマゾーン段ボールが貯まってると思いますが、
それ二個でできる。

 

これの製作からやれば工作にもなるし。
なかにギターの弦張ったりと、
工夫次第で木製のカホンにも負けない音になる。

⤵︎作り方

https://www.hitachi.co.jp/kids/event/summer2013/craft/detail_01.html

 

 

弾いたり歌ったりも音楽ですが、
楽器製作も、ある意味では一番能動的な音楽なのです。

 

それに、
ヤマハしかりローランドしかり、
楽器や音楽機材製作は
悲しいかな、日本がまだ競争力のある数少ない分野なので、


そのスピリッツを育てるうえでも、
音楽機材製作を音楽授業に取り入れるのはよいのでは。

 

目指せ小澤征爾ではなく、
目指せ山葉寅楠(ヤマハ創業者)の精神ですね。

 

 

でなんでしたっけか、

ということで、
書いてたら欲しくなり
アマゾンで入門用カホンを衝動買いしてしまったので笑、
ステイホームチャレンジしよ。

新譜の感想文 ピアノニマスさん

鼻で吹く鍵盤ハーモニカの動画を見て以来

ツイッターみてほのぼのさせて頂いている

アノニマス南川朱生さんの8thアルバム

「Ctrl Home, Ctrl End」のレビューです。

 

ホームページ

https://akeominamikawa.com/

 

いや、ピアノニマスさんの両手弾きのツイートをリツイートしたら、

ご本人さんからコメントもらったときにビビったといいますか、

自分の中では、アーティストさんって

ボンジョビ押尾コータロー氷室京介もピアノニマスさんも並列的な存在だったのて、

 

エアロスミスの新譜をタワレコのヘッドホンで聴いて感想いってたら

後ろにスティーブンタイラーがいたときのような

アワアワな状態で笑。

 

あー、これがTwitterランドなわけですね。

 

恐れ多いのですが感想を。

 

アノニマスさんの演奏は

動画では拝見してましたがアルバムは初めての購入です。

鍵盤ハーモニカ奏者さんのアルバムも、

そうですね、学生時代に渋谷のTSUTAYAピアニカ前田さんのアルバムを聴いて以来です。

 

アコーディオンだとCOBAさんは神で、

スイートポイズンを何回聴いたか。

バンドネオン小松亮太さんも好きです。

 

これから書くのは、

なんていうんでしょう。

レビューよりも小学生の読書感想文的なコメントです笑。

 

バックトラックなし、多重録音なし、

鍵盤ハーモニカのソロ演奏、

エフェクトも最小限度、というのが

氏のポリシーのようでして、

 

侍ですね笑。

息遣いもマンマ入ってるのですが、

剣士の息遣いみたいです。

 

 

全部ステキですが、

特にオススメのナンバー

 

#02. Gort na Saileán / アイルランド民謡

この曲すごいいいですね。

ソラドレドーのところの浮遊感がやばい。

天使みえますね。

詩の、

She passed the salley gardens with little snow-white feet.

白雪のような足で駆けていった

 

ここ萌えます笑


#05. La dispute / Yann Tiersen

アメリのサントラだ!

以来、いろんな場面で聴く名曲ですね。

ピアノバージョンやアコーディオンバージョンもよく耳にしますが、鍵盤ハーモニカバージョンもステキですね。

 

#09. 仙人の昼寝 / 南川朱生

私にとってのベストナンバーですね。

コミカルなメロディで、

志村けんさんが変顔して踊ってそうな。

歌詞つけて歌いたいですね。

アノニマスさんが秀逸なメロディメーカーなのがわかります。


#10. Ctrl+End / 南川朱生

タイトルナンバー

終わりかけのところのコード進行がオシャレなので、

その感じであと10分聴きたかった笑。

 

今回はできる限りミニマライズしたアルバムということですが、

できれば曲解説と選曲の想いみたいなのも

アノニマスさんの文章であると嬉しいなぁ、なんて思ったり思わなかったり。

 

最新アルバム聞いたので、

一つずつ遡ろう。

 

小さな楽器羨ましい。

十個の和音吹けるなんて羨ましい。

弾いたあと音量変えられるの羨ましい。

 

鍵盤ハーモニカはステキな楽器です。

ライブインブルネイ方式の浄瑠璃 withコロナにおけるエンターテインメント業界

コロナ期のエンターテインメント業界

 

前の記事で書いたブンデスリーガ方式だと


・試合前1週間は各自が隔離で検査、
・シーズン中はチーム内で共同生活
・一人でも陽性でたら試合中止

 

この条件で無観客試合をやってます。

 

スポーツでなくても、

同じようにやれば、
バンドも歌舞伎も能もできそうです。

 

更に、これ無観客じゃなくても、
ヒト家族とか、
同じように隔離共同生活を送ってきたコミュニティなら観覧できるのではないか。

 

というのも、
無観客は辛いのです。


演者が辛い。観客がいなくても話し続けたり、演奏し続けるのは、
一人のラジオパーソナリティ的な才能が必要というか。
伊集院光的能力が求められる。

 

なので、一家族でも観る人がいると少しでも違う。

 

そのヒト家族の観覧チケットは、
それこそ高額でもペイする。

 

マイケルジャクソンのヒストリーツアーで、
ライブインブルネイ、というブルネイ公演があるのですが、

マイケルファンのブルネイ国王が全額負担したんですよ。

 

まぁライブインブルネイはスタジアムだったので
もんのすごい費用だったのですが、

エッグマンぐらいのライブハウスなら、
ブルネイ王室でなくても買える。

 

というか、チケットで全額ペイしなくてもよいのです。

 

ライブができないことは、二つの意味があって、
公演収入がないこと、

コンテンツが作れないこと、

 

いまアマゾンプライムやネットブリックスが好調ですが、
それは過去のコンテンツを消費してるだけなので、

コロナ下で新しいコンテンツが作れないと、やがて詰む。

 

なので、多少赤字でも
コンテンツ作成のために、
ブンデスリーガ方式とライブインブルネイ方式を組み合わせる。

 

 

すると、
コンサートに行くことが、
ものすごい稀少なことになる。

 

まぁ、よく考えたら、
モーツァルトの時代も、
大名が能や薩摩琵琶を聴いていた時代も、

リアルで音楽を聴くことはものすごい稀少なことだったのです。

 

そんな時代への回帰に、なる、のか。

ブンデスリーガ方式の歌舞伎 with コロナにおけるエンターテインメント業界

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35153885.html

 

With コロナのエンターテインメント業界

 

ドイツのサッカーリーグが試合をする方式が参考になるのでは、と
指揮者の方のアイデアなのですが。

 

試合の1週間前から隔離生活、定期検査
試合の期間は共同生活、
一人でも陽性でたら試合中止、

これなら、各人が感染しておらず、
シーズンでも感染していないコミュニティの中で接触ができることに。


ドイツリーグでは歯磨き粉買いに出た選手が出場禁止になったそうな。

 

シーズン前の競馬の騎手も
八百長防止のために寮生活しますけど、
それみたいな感じですね。

 

この方式なら、
プロレスもバスケもできる。
バンド演奏も、能も歌舞伎もミュージカルもできる。

 

和太鼓集団は
割と体育会系的な集団生活を送る文化があるのですが、
ロックバンドとか、相当仲悪くなりそうな笑。

 

しかし、
シーズンに寮生活できない騎手が騎手を続けられないのと同じで、


外界謝絶の寮生活ができない人は
アーティスト足りえなくなるのか。。。

ソロミュージシャンが増えそうですね笑。

ドライブインシアター琵琶コンサート

コロナ禍でのエンターテインメント業界において、

 

感染リスクを抑えながら、
リアルに(オフラインに)観戦・観劇できる方法として
ドライブインシアターがよいのでは、

と考えてみた。

 

あの、アメリカ映画とかである、
広大な広場にドデカいスクリーンがあって、
それを車の中から観る仕組みのもの。

 

ドライブインシアターというと思いだすのが、

子どもの頃にやってた『素晴らしき日々』というアメリカドラマ。


ケビンが恋人のウィニーとデートでドライブインシアターにいき、

ウィニーといいムードになったところで、
「ねぇ、この車臭くない?」
(確か精肉店をやってる友達のお父さんの車を借りた)
ウィニーからいわれてズッコケるシーンを思い出す。

 

というわけで、
ドライブインシアター
個人的にザ・アメリカのアイコンなんですけど。

 

ドライブインシアター
漫才ライブやプロレス観戦、落語や能の観覧

できないですかね。


カーラジオに音声流して、
カーナビに解説を入れて、

 

郊外のスーパーとか
いま駐車場がガラ空きじゃないですか、
そこに液晶パネルや特設会場を置いて。

 

無観客ライブとかもいくつか見たんですけど、
トークライブは割とよいのです。
コメント欄でリアクションがあるので、
対話ができる。


ファンにとってみたら、アーティストが自分のコメントを読んでリアクションをしてくれるのは、
オフラインのライブでは中々無いことなので。

そこに希少価値がある。

 

でも、ライブパフォーマンスがある音楽ライブとか、
プロレス観戦とか、

演じている最中にコメント見られないフォーマットだと
やはり辛い。


演者が辛いですよね。

演者がノッてないことがわかるので、ファン的にも辛い。

 

そこでドライブインシアター能ですね。

ドライブインシアター琵琶コンサートでも。

 

あと、カーリングみたいに、
ピンマイクを付けて、作戦会議やモグモグタイムを聴こえるようにしたり、
ファンからの応援コメントも音声で演者に聴こえるようにしたり(変な人じゃないかは運営側が選別)。

 

そんなのはよいのでは。


日本の若者も『素晴らしき日々ごっこができるかもしれない笑。