琵琶 双山敦郎 晴耕雨琵

琵琶プレーヤー双山敦郎のブログ

ラヂオ収録 明智左馬之助秀満の湖水渡り

ラヂオ収録

コンクールで幸運にも2位だったので、
NHKで放送されることに。

 

ということで、
来週に収録なのですが、

コンクールが7分のところ、
ラジオ版には9分にする。

 

この2分が難しい。

 

そもそもは琵琶曲は大概が長く
『湖水渡り』もたっぷりやれば20分超でしょうか。
それを7分なのでダイジェストなのです。

 

M-1グランプリと一緒で
劇場のネタを4分にカットする。
カットの仕方がかなり左右するのです。

 

が、この7分で
それこそコンクール用にン百回と弾きこんでるので、
あと2分が難しい。


ワンシーン足すには短く、
「くずれ」(ギターソロのようなもの)を足すには若干長い。

 

悩んで悩んで。

このワンフレーズだけ足すことに。


「一萬余騎の敵軍もこの勢いに堪ええず
算を乱して崩れけり」

 

秀吉軍の急先鋒、堀秀政が一万
対する明智秀満は、手勢僅か300

 

明智左馬之助秀満は、なんとかして琵琶湖を迂回して坂本城に辿り着いて、
山﨑合戦から逃げ延びてる(かもしれない)光秀と合流し、体勢を立て直したい。


対する堀秀政は、左馬之助が坂本城に立て篭もられたら長くなる。
城主不在のまま城を落としたい。

 

そこで、
普通に考えれば堀秀政が優勢
この琵琶歌の群勢は、かなり「盛って」るんですが、
それでも数千と数百の、一桁の差はあっただろう。

 

しかし。
なんでもそうですが、大将の周りには精鋭・手練れが配置される。
左馬之助に近づくにつれて純度が高くなる。
また、多勢の側も急先鋒は死亡率高めなのでさほど優秀な兵は配置されてない。


また、円周が小さくなると同士討ちが怖いので弓鉄砲も使えなくなる。
だからこそ、多勢に無勢でも、最後の討ち取るまでは手こずるわけです。


真田幸村もしかり。

 

左馬之助と、それを守る数騎も、
堀秀政軍の、真ん中を突っ切るイメージですね。
堀軍は備中岡山から戻るので疲労していたのもあった。

 

いよいよ進退が極まって
琵琶湖沿いのルートが消えたので
琵琶湖を泳ぐウルトラCを敢行したのですが。

 

その、まだ数騎いる中で一矢報いているくだり。

これを、堀秀政の視点で語ろうかと。

基本的に湖水は、ナレーション視点か左馬之助視点なのですが、
ここは「天晴れよ左馬之助」という視点で語りたい。

 

というのも、
堀秀政と左馬之助の格ですね。
左馬之助は光秀の側近として朝倉家の客分時代からの生え抜き

 

とはいえ、
堀秀政は、信長秀吉と仕え、
小牧長久手の戦いで活躍して最終的には18万石の大名

 

天晴れ左馬之助という

おそらくは、左馬之助が琵琶湖を渡ることができたのも、
堀秀政のその気持ちがあったからこそ、静観したんではないか。

 

ここは、日本史的にはマイナーキャラの堀秀政の視点で語りたい。

 

とまぁ、
気持ちを作って、また9分を仕上げねば。

キングオブコント 2020

キングオブコント

 

漫才と違って明確なフォーマットがないので
逆にルール無用でコンテストがしにくい、ということがあったのですが、

 

今年から割とメッセージが出たというか、
きちんと小道具と衣装を使った、作家性のあるコント


映画にもなれそうなスペクタルがあって、
どんでん返しがあって、不思議な余韻があって、

 

これになってきたか、と。
なるほど、これだと漫才コントでは味わえない
コントならではの魅力が。

 

そして、これで割りを食ったのがニューヨークとマヂカルラヴリー

 

ニューヨークは、
そのまま漫才コントの形にしてM-1持っていけそうな
「こんなウェディングプランナーは嫌だ」の大喜利

実際ニューヨークは、ネタの中に一本軸を設けつつ
伏線回収したり、途中で展開が変わるみたいなのが苦手で
(恥ずかしいと思ってる節がある)

 

2020のM-1決勝のネタも(小さな犯罪のネタ)
小ネタ20連発、みたいな。

 

2020キングオブコントの披露宴の友人も
基本的に「こんな披露宴の友人は嫌だ」のコントなので、

 

というわけで、
去年から競技が変わってしまった、ということか。

 

まぁ、平場のやりとりで
既にテレビスターなのは見せつけたのとですし。


ニューヨークが、映画のような作家性のあるコントをやりだしたら、
それはそれで違う気もする笑。

 

マヂカルラブリーも、
鏡とか魔法陣とか使って、もう少しコント感だせたらよかったのかな。


三面鏡からみる野田さんが面白い、みたいなカラクリがあってもよかったような。


そのままM-1に持ってけるのが、既に吊革でネタバレしている中では不利な展開に。

しかし、マイムの上手いこと。

 

ほかは、
ファイナルに進んだ3組は文句無し素晴らしかったですが、

 

ニッポンの社長、笑ったなぁ。
去年のケンタウロスも好きなんですが、
彼らは基本的にボケない。
不思議な設定の中で芝居に徹するのが潔い。

 

来年はかが屋とアルピーが決勝に残って欲しい。

アルコアンドピースの得意なメタ

メタの中のメタの中のメタ

みたいなネタで勝負したら、面白かったんではないか。

ゴーストバスターズとエイクロイド家と琵琶

ゴーストバスターズ

 

Netflixで「ボクらを作った映画たち」という
名作映画の裏話の番組があって、

バックトゥザフューチャーやダイハード、
フォレストガンプジュラシックパークなど
時代を変えた名作の裏話がみえて面白いのですが、

 

ゴーストバスターズ、これの見方が変わったというか。
近所の子らも好きなようで昨年のハロウィンにはコスプレしていて
37年前の映画の引力の強さに感嘆するのですが。

 

あの作品
ド・ハリウッドの、
人気脚本家がハリウッド資本で人気俳優キャスティングして、お金かけてCG使って、

 

という映画だと思っていたらそうではなく。
ゴーストバスターズのメンバーの一人である
ダン・エイクロイドの話


エイクロイド家の歴史から辿られる話だった、という。

 

ダン・エイクロイドはメンバーの向かって左の、
メガネかけてない方、鼻が大きな方

モジャモジャじゃない方

世代の方には、ブルースブラザーズの方といえばわかりますでしょうか。

 

彼が幽霊研究の家系で
曾祖父は降霊会を主催して、家には住み込みの霊媒師がいる、という。(住み込みの霊媒師!)


父は幽霊研究家として著書もある、

ダン氏自身も何度も幽霊と遭遇しているそうな。


筋金入りすぎる。

 

そんなダン氏が、自分の体験や家系を踏まえて
自分なりの「解」を見つめるうえで書いた脚本がゴーストバスターズ

 

そんな奥深い話だったとは。

 

イタリア系ユダヤ人のロベルト・ベニーニ監督が
自身のルーツとアイデンティティの「解」として
『ライフイズビューティフル』を主演監督しましたが


あれに近いイメージですかね。

 

日本でいうなら、

高橋貞子(モデルの人)の子孫が『リング』を書いて貞子を演じた、ぐらいの。

 

琵琶も鎮魂はメインテーマですが

明智家の末裔が『湖水渡り』を弾いたり

平家の末裔が『壇ノ浦』を弾くような。

 

自分でいうなら両親が岩手南部藩出身なので、

佐幕派の悲劇、『白虎隊』には思い入れが

 

でもそんなルーツに纏わる深い話だと、
残穢』のような地味でダークな話になりそうなところを(竹内結子が美しい)、

 

光線銃とマシュマロマンの
ホラーコメディ映画に昇華させたのがすごい。
霊が身近だからこそポップな存在であることを知っていたのか、、、。


ハリウッドの俳優や脚本家である自分が霊に対してできることが、
あの回答だったのかもしれない。


凄みを感じる。

とまぁ、
ゴーストバスターズをエイクロイド家の業の話としてみると、
味わい深い。

 

フユゴンコー

お尻から琵琶の音が鳴る(ことわざ)

楽器のことわざ

いくつか思い浮かぶと思います。

 

和楽器ならば

「三味線を弾く」

意味:適当なことを行って相手を惑わすこと、または、人の話に適当に調子を合わせてごまかすこと

なんか失礼なことわざですね笑。

 

箏もいくつかあって
「琴瑟相和す」(きんしつあいわす)
意味:夫婦の仲がむつまじいことのたとえ。

 

瑟とは古代中国の雅楽の楽器で
二十五弦の大きな箏で、日本では根付かなかった楽器

琴や瑟が素晴らしい合奏をしている様からのようです。

 

雅楽のことわざはたくさんあり、
「呂律が回らない」は

雅楽の呂音階や律音階から


「打合せ」なんてほぼ毎日使いますが、雅楽の合奏からの用語

 

そんな中、残念ながら琵琶の諺はないんですよね。

しかし、調べたらお隣韓国には琵琶の諺がある。

 

 

そこで見つけたのがコレf:id:tegeist:20210924150236j:image

韓国ことわざ集

 

「尻から琵琶の音が出る」

「궁둥이에서 비파 소리가 난다」

 

コレ、意味なんだと思います?

 

調べる前は、
瓢箪から駒」のようなありもしないことが起きる、とか
「へそが茶をわかす」のような、
馬鹿馬鹿しさを表す用法だと思ったのですが、

 

意外なことに。

解説: 非常に忙しそうに立ち回ることの喩え

 

マジか。
忙しすぎると尻から琵琶が鳴り出すのか、

管楽器なら千歩譲ってわかる。


弦楽器、無理じゃないですか?(管楽器なら出せるわけではないですが笑)

どうやら、椅子に座って息をつく暇もない、ということの比喩みたいなんですが、

面白いですね。

 

琵琶は中国や朝鮮半島ベトナム

東アジアで親しまれた楽器なので、

そんな東アジア文化圏の国際的な楽器だということがわかります。

 

おそらく中国にも諺があるんでは。

どなたかご存知でしたら。

明智左馬之助の湖水渡り その3

f:id:tegeist:20210907111154j:image

 

明智左馬之助

 

日曜日にコンクールなので、
そろそろ頭を切り替えて切り替えて

アフガニスタン史から
日本の戦国時代へ、と。

 

 

曲の初め、
琵琶だと「謡い出し」というのですが、
物語が始まるところ、
何をイメージするか。

 

謡い出しが終わると
安土城から坂本城へ向かう合戦へと
本題になるので、そこは合戦描写なのですが、

謡い出しは、流麗な句と、主君への想いが語られるので、
そこをどんな情景をイメージするかで、割と曲想が変わる。

 

本能寺の変の計画を聞かされたときに、止められなかった後悔、
山﨑合戦で敗走した光秀の無事を祈る気持ち
坂本城に残っている家族、
率いている300名弱の武将をどれだけ坂本城に辿り着けさせられるかの責任、

 

と、諸々、後悔や心配、責任や重圧、
といった重苦しいものがありますが、

 

私としては、
それらは頭にありつつも、
よかった時代の、在りし日の回想をして欲しい。

 

光秀と数人の配下で浪人をしていた時代、
朝倉家で客分として扱われつつも、
僅かな禄でつましく暮らしていた時期

 

あの頃、上を向いていた、
自分も光秀も若く、
主君光秀が、
このまま浪人で終わるはずがない、という確信を持ちながら、
信じて付き従っていたあの頃。

 

戦国の世ながらも、いっときの平和な時期

 

それが走馬灯のように駆け巡っていたのではないか、と。

 

それから足利義昭と出会い、
そこを軸にして信長に近づき、
そこからは怒涛の出世劇ですが、

 

 

朝倉家の時代を
懐かしんでいたのではないか。

 

あんまり後悔と焦燥だけで琵琶湖を渡って欲しくないんですよね。
天下の器と信じた主君が、一時でも確かに天下の器たり得たと
自分は間違っていなかった、と
胸を張って欲しい。

 

 

というわけで、
朝倉家時代に想いを馳せる。

クイーンズ・キャンビット 将棋の棋士でキャスティングしてみた

クイーンズ・キャンビット

 

ネットフリックスのオリジナルドラマ

チェスの天才少女ベス・ハーモンが
男性優位のチェス界で、どんどん勝ち進むドラマです。

 

将棋漫画や将棋映画はたくさんありますが、
チェス映画を初めてみたので色々新鮮で

 

チェスは棋譜を自分でつけるのか、とか
引き分けの申し出や、
投了でクイーンを倒したり、
封じ手のあとにチームで検討会をしたり、
違いが面白い。

 

逆に、
多面指しや詰将棋(詰チェス)は同じようにあるようで、
神童が多面指しで大人を打ち負かすシーンは
将棋漫画でも割と使われるプロットですよね。

 

このドラマを見てると
将棋の棋士でも出てきそうなキャラがたくさんいます。

 

ロシアチームに
モジャモジャ頭の癖の強い元世界チャンピオンがいるのですが、
これは絶対に加藤一二三さんだろうな、とか。

 

革ジャンきて対局中も帽子をとらない
風来坊なキャラ、ベニー・ワッツは
そうね、佐藤天彦九段だろうか、


漫画のキャラでよければ

まさに氷室将介(『月下の棋士』の主人公)ですね。

 

 

当初のライバルで
途中からよきアドバイザーになる
理論派のハリーは、
伊藤匠四段がおすすめです。

 

最強の、生きるレジェンド、ボルコフは
これが難しい。


将棋漫画とかだと最強キャラは基本的に元ネタが羽生善治九段で
サラりとスマートな、涼やかなキャラなんですが、

 

ロシアの世界チャンピオンのボルコフは
ダブルのスーツをかっちり着て
無表情、いかにも重厚なキャラ、

 

棋士だと、
敢えていえば森内俊之九段でしょうか。

 

メキシコ戦で出てきた
天才少年は、若き頃の藤井聡太二冠がハマるかと、
シーズン2では主人公と激闘を繰り広げたり、

そんな展開に期待したいです。

 

 

それで主人公、
ヒロインの天才棋士
ベス・ハーモンが難しい。


チェスの世界だと女性も上位で活躍していて
ユディット・ポルガーというハンガリーのプレーヤーが
世界ランク8位になった。


将棋ではA級棋士ですね。

 

日本の将棋界だと、女性棋士がタイトル戦を争うのは
まだまだ道のりがありますね。


それでも
今なら中七海三段に期待ですね。

女性棋士がタイトル戦に絡むと、更に将棋界が面白くなると思います。

 

ドラマを見ていて思ったのですが

チェスの立体的な駒が魅力的ですよね。


将棋も、世界的な普及を考えて
漢字を使わず、立体的でカラフルな駒を使うのは
どうなんだろう(既に試みているかもですが)。

 

というところで、

クイーンズ・キャンビット

将棋好きにもおすすめなドラマです。
「見る将」向けですね笑。

琵琶ストラップ

琵琶ストラップ

 

琵琶1400年の歴史に革命を与えたといわれる
双山式琵琶ストラップ(←自分でいう笑) 

 

ご好評頂いて、
腰ベルトを革縫製に外注した10本が全部無くなりまして、
試行錯誤で無料ご提供していた時期を合わせると、30本ぐらいでしょうか。
30人近い琵琶奏者がご利用頂いてる。


こんなに嬉しいことはない。

 

さて、もう1回ロットの外注に出すかが悩ましいといいますか、


捌けるのか、
捌いていこうホトトギス

 

この立奏ストラップ
立つだけだと半分なんです。
やはりマイク、

 

固定マイクだと、立ってもそこから動けない。
当然ながらマイクから離れると音が小さくなるので、

つまりは、琵琶内部にマイクを、
それもピエゾオンリーでなく、

 

三味線も、立奏は基本アンプですからね。

 

立つか座るか、
座るのも、椅子か正座か、はたまた立膝か
または胡座か

半跏思惟像ような片胡座や、
クラシックギターのように足を組むのもありうるかもしれない

 

割と演奏家でポリシーが出る、

 

吉田兄弟は絶対立たないんですよね
椅子

上妻宏光は基本的に立って歩いて、
古典のときは椅子ですかね、
上妻さんの正座みたことないなぁ

 

ちなみに
薩摩琵琶だと幕末の頃は立膝で座り、
演奏中にいざ斬りかけられても対応できるようにしていた方もいたとか。

 

幕末の志士の気風ですね
カッコいい

 

その方からしたら、正座は最も油断した弾き方なんでしょうか笑。

 

あ、
立奏はむしろ攻撃にも防御にも移りやすいから
褒められるのかもしれない笑

 

皆様立奏で是非とも反撃と逃走の心構えをお勧めします!

 

f:id:tegeist:20210827154500j:image