琵琶 双山敦郎 晴耕雨琵

琵琶プレーヤー双山敦郎のブログ

もし藤原泰衡が源義経と共闘して源頼朝と闘っていたら

奥州藤原氏 平泉

f:id:tegeist:20220821005004j:image


先日、初めて中尊寺を訪れたのですが

いや素晴らしかった。金色堂、あの中に藤原四代が眠っているかと思うと。

あと、泰衡の首を入れた漆器

恐ろしい。

 

源義経を大将にして、と遺言を残した秀衡と
義経を鎌倉に売った泰衡

歴史の面白いところです。

 

歴史にタラレバは禁物ですが、

さりとて考えてみたくなるもの。


有名なところでは、
光秀が本能寺で信長の首をとっていたら、とか
龍馬があの日に近江屋にいなかったら、とか

 

色々ありますが、

「もし藤原泰衡義経と共闘していたら」
というのも一つ。

 

この妄想は割と面白いのです。
戦略の天才である義経が指揮をとっていたら、
鎌倉といい勝負ができていたのでは。

 

これ大河ドラマの『鎌倉殿の十三人』でも取り上げられていて
義経菅田将暉)が衣川館で北条義時小栗旬)に解いている。

そんな場所にいるはずもないのに笑。

 

曰く、
藤原勢は白河関で鎌倉を迎え撃ちながら
主力を海路で由比ヶ浜へ付ける。
見張ってる三浦半島の三浦氏には予め内通しておいて、
由比ヶ浜から上陸して町に火をつけると同時に、
鎌倉の切り通しから攻め込む。

 

それを聞いた北条義時小栗旬)が、
「なるほど、ひとたまりもない」と感心する
というくだり。

 

この有名な妄想への三谷幸喜さんのアンサーがされていて面白い。

 

ただ、実はこれだと駒が足りない、と思うのです。

そもそも三谷幸喜義経案だと、
軍勢を三つに分けるのですが、そもそも鎌倉と奥州では総力に差があるので、さらに厳しくなる。


そもそも奥州藤原氏勢は、泰平の100年でそんなに強くない。
あと、結局は豪族連合なので鎌倉ほどの結束力もない。

 

やはり鎌倉に打って出て勝つのではなく、
鎌倉に、奥州圏の統治を許容してもらう
という落とし所にする。互いに攻めず。停戦ですね。

 

とはいえ、
頼朝にとっては奥州は源頼義以来の「宿意の地」
簡単に諦めるわけにはいかない。

 

とすればどうする。

 

まずは秀衡の死を隠す、武田信玄のように。
権勢を誇った名将秀衡が存命とあれば鎌倉も足が鈍る。
そして義経を総大将ではなく、局所戦のリーダーにする。
彼は戦術家なので前線にいた方が発揮するので。
ここで白河関あたりで局所戦を勝っておく。

 

さらに、やはり朝廷工作
奥州の黄金を注ぎ込んで後白河法皇とつながる。
頼朝討伐の院宣はもらわなくてよい。
奥州討伐の院宣を出させない、という消極的なもので十分。
これで鎌倉の参集も減る。

 

ただ、これでも駒が足りない。
まだ圧倒的な兵力差なので。

 

そこで、やはり内部
鎌倉に味方が欲しい。

 

だれか。
真っ先に思いつくのが有力御家人比企能員
後に北条氏とも対立しているぐらいなので、
力もあるし、権力欲もある。

ただ、頼家の外戚となって北条氏と緊張関係になるので、
頼朝存命中に奥州と繋がるメリットはない。

 

とすれば誰か。
頼朝の権力集中に脅威を感じるもの、
頼朝に、「敢えて奥州を攻めることもない」「放っておきましょう」と進言できるもの、

 

ここは単純に北条時政なのでは、、、

 

 

まとめると。

泰衡は秀衡の死を隠し、
忠衡と仲良くして義経に兵団を与えて戦術のアドバイザーにして、局所戦で勝つ

朝廷工作して鎌倉に院宣を出させず、
時政を通して頼朝に和平を働きかける。

 

そして、頼朝が亡くなったあたりで
次は後鳥羽院と組んで鎌倉を牽制して

 

朝廷、鎌倉、奥州と、
ちょうどよい三すくみの位置で権力を持ち続ける。

 

なんか無理矢理なツッコミ所が随所にありましたね笑。

 

あと、頼朝亡くなったあたりで、
義経はやっぱり奥州には邪魔になってきそうで、
いつのまにか病死しそうな気もしますね笑。

 

f:id:tegeist:20220821005216j:image

新・信長公記 ドラマの撮影

ドラマの撮影

 

琵琶の演奏指導について書きましたが、

先日、そのドラマの撮影をしてきました。

 

撮影場所である某県の某中学校へ、

玲絃(特注の大型琵琶)と私の古典で使っている琵琶の2面と琵琶立てと、

かなりの大荷物

イメージに合うように、クリスタル撥と、クリスタル糸巻きを装着

 

着くと雰囲気のある学校ですね。

新しくてレンガ張りで。

 

離れた場所で楽器をチューニングしたりフレーズを確認したり、

 

音は事前にスタジオでこもって録音したもので、映像はその音に当てて頂くことに。

「激しくほとばしるように」というオファーに応えられるように、このドラマのために作曲しました。

上杉謙信公の知性と大胆不敵さ、そして義をイメージして、

琵琶の余韻や静寂の部分も盛り込んだので、1分弱の演奏ですが、琵琶の魅力を感じ取ってもらえたら嬉しいところです。

 

撮影現場に入ると、学校内を大勢が行き来して、

俳優さんやカメラ・監督さんはもちろん、

ケータリング、衣装さん、助手さんと、せわしなく動いて、

それでも撮影が始まると全てが静寂となってホールに台詞が響く

いいものですね。

 

待っていると、今回の上杉謙信役の犬飼さんがいらっしゃって、

音を流しながら演奏シーンの確認、

驚いたことに、かなり弾き込んでくれていたこと。

ギター経験があるのでレッスンでも飲み込みがはやかったのですが、

努力家でもありますね。

「バッチりタイミング合ってます」といったら、ニコっと、

まぶしい、笑顔に殺傷力が。

 

私も、手や撥先のアップの撮影のために同じ衣装を着てスタンバイ

 

このオファーを受けたその日から

腕に日焼け止めをしっかり塗って、オードリーヘップバーンがつけてたような手袋をつけて暮らして。

更に、撮影当日は腕毛と指毛をシェーバーで剃って望んだのです。

「犬飼さんのファンに私の腕毛を見せるわけにはいかない」(ロンドン五輪競泳風)

 

そして琵琶演奏シーン

すると、犬飼さんがレッスンのとき以上にカッコいいステージング

バックトゥザフューチャーのマイケルJフォックスを彷彿とさせるキレ

しかも、音と完璧に合わせる。

 

カット、と共に監督が振り返って「これ双山さんの別撮り無しでいけそうです」と

 

ということで、私の指アップ・手アップの別撮りはなくなりました笑。

ホッとしつつ、少し残念でもありつつ、

 

というわけでファンの皆様、あの琵琶演奏シーンは全部犬飼さんですので、

是非ともご堪能ください。

 

これをきっかけに琵琶に興味をもってくれる人が増えればいいなと願いつつ。

 

多柱琵琶について

多孔尺八と多柱琵琶

 

琵琶は、柱(フレット)がありまして、
楽琵琶が四柱
平家琵琶が、初期は四柱、多くは五柱
盲僧琵琶は各人の工夫が多様で、四柱から六柱

薩摩琵琶は、正派と錦心流が四柱

錦琵琶と鶴田流が五柱

現代的な取り組みとして、塩高和之さんの半分の長さの六柱など

 

と様々です。

 

この「柱」をいくつにするか、
これが割と面白いテーマで、昭和初期に全国紙で激論が交わされたり、
お家騒動からの琵琶ブームの終焉などに繋がる。


たかが柱ではないのです。

 

尺八もトラディショナルは五孔、
現代曲に対応する七孔や九孔、オークラウロに対する古典派の奏者の想いは色々あるようで(これも最近は風向きが変わったのでしょうか)。

尺八の多孔と琵琶の多柱は、なんとなく意味合いは近いようなイメージ

 

歴史の話でいうと

17世紀後半に平家琵琶から盲僧琵琶に発展する中で
筑前盲僧など九州北部は六柱になっていき
薩摩盲僧は、逆に二柱がなくなって四柱になっていき、

という大雑把な傾向があるものの、


中島・常楽院に六柱の薩摩盲僧琵琶が保存されていたり、
日向(宮崎県)盲僧の永田法順氏の琵琶は六柱だったりと

各盲僧が自分なりに工夫をしていた模様です。

 

基本的に、三味線が使えなくなったという消極的理由で盲僧琵琶が発展していったので、
まずは三味線並みの広い音域を目指したい、
それの実現のために、多柱か、締め込みか、
という方法論ですね。

 

これが近代琵琶になっていくと、

薩摩琵琶は四柱へ、
筑前盲僧の六柱から筑前琵琶の五柱へ、

と移行します。

 

その薩摩琵琶が、
永田錦心大正14年に五柱の錦琵琶を開発して
水藤錦穣に託す

ここの柱が一つ増えることのバトルがあります。


当時の琵琶新聞や琵琶雑誌をみるとすごいです。

琵琶のお家騒動が全国紙を飾ったのですから

ある意味で華やかな時代ですね。

柱が一つ増えることが、破門や流派の創設に繋がったわけです。

 

その五柱が六柱になるのは、また更に時間が必要で、
「新しいことを全部やる人」の鶴田錦史先生も
六柱は試さなかったようです。

 

私の知る限りでは、塩高和之さんが20年前に六柱を導入していたことでしょうか、
(ちなみに、筑前で六柱にしている方は、一番早い方はどなたでしょう。)

 

塩高さんが三絃と四絃・五絃だけを乗せる
半分の長さの柱を付けることを始め、

割と鶴田流で現代曲を取り組んでいる奏者は
六柱やってますよね。

 

さて、この多柱琵琶、

これが「正しい」といえるか、
正しい、とは難しいですね。「新しい」というか、
若しくは「琵琶の意思に沿う」か、とか、
「弁財天の意思に沿うか」、みたいな笑。

 

 

これが、割と新しいことに取り組んでいる奏者でも
六柱以上にすることに心理的抵抗が大きいような感触です、

その根っこは、おそらくは中国琵琶との差異があります。

 

中国琵琶も日本琵琶と同じくバルバットを起源としたシルクロードを通った絃楽器なのですが、
中国琵琶が半音単位で細かいフレットが増えた楽器であることに比べて、

日本の琵琶は7世紀の楽琵琶からフレットは多く増えていない。


この、「引き算の美学」こそが、日本音楽のアイデンティティである、
という。

 

次はもう少しあとの
18から19世紀の話、
薩摩盲僧が平家琵琶から柱を外したことのアイデンティティ
二柱がなくなって、締め込みで表現することが
楽琵琶や平家琵琶から脱した
「薩摩琵琶」である、という。

 

こういうことを考えるときは歴史を遡るとよいのです。
切り取った一部分の歴史をみるのではなく
千年単位の歴史をみる。


明治以降の極めて短い歴史を「伝統」などと言うことなかれ。

 

まずは、六柱または七柱にしても
半音単位の多フレットとは違って、音域拡大のための多フレットなので、
締め込みの妙味は変わらない。


中国琵琶やベトナムの弾琵琶の多フレットとは方向性の違うものであると考えます。

 

次に、薩摩琵琶のアイデンティティとしての四柱

これは、なかなかメンションが難しいのですが、
締め込みのための二柱を「抜いた」ことと、
音域のために四柱より下に柱を増やすことは矛盾しないと思うんでよね。

この二柱を抜いたことで一柱から二柱(五柱だと三柱)までをダイナミックにポルタメントで弾けるのですが、

かといって、そこからの柱の配置は錦琵琶や鶴田流と同じく

全音と一音半で配置されてるため、

締め込みを重視するといっても比較の中の話です。

また、四柱(ないし五柱)以上の音域は

四弦だと締め込みが強く調整できるのですが、

当時の古典曲において鳴らす必要が無かっただけで、

全部締め込みで音作りをすべきである
という価値観で造られていたとは思えない。

 

また、錦琵琶以降に関しては
器楽的な奏法と音量の拡大という方向に発展することがアイデンティティなので、
「五柱で止める」こと自体に、さほど意味はない。

 

また琵琶全体の話でいえば六柱の薩摩盲僧や筑前盲僧がいる以上、
彼らの創意工夫の延長として現代の奏者が多柱にすることも、
琵琶史の線上の話であろう、かと思います。

 

さらにいえば、
「そのための音楽」という話、
多孔尺八の議論も同じく
「多孔尺八のための音楽を多孔尺八で吹く」

古典を多孔で吹くことに違和感があるように、
多孔のために作曲された曲を五孔で吹くことも、同じように違和感がある、と。

七柱琵琶でないと弾けない曲を七柱琵琶で弾く、
古典はトラディショナルな五柱琵琶で弾く、

「そのための音楽をそのための楽器で弾く」

弁財天が希求していることはソレだろう。

 

とまぁ、また色々と踏まえて、
七柱を試してみたい。

 

 

音域としても、
五柱だと1オクターブと半音が限界なところを
七柱だと1オクターブ半出せる
3本のチューニングだと、高音のAとBが出る
Eのsus4や、Aのパワーコードが弾けるので
選択肢が全然違うのです。

 

とまぁ色々いいましたが、
こういうのって、
「新しいことやってやるぜ」だけの七柱と
歴史を踏まえた地続きの七柱は違うと思うんです。少なくとも自分にとっては。

 

逆にいうと、これをしないと試せないのでフットワークが重いのですが笑。

SOUL’d OUT

シーンの中にいるか

 

SOUL’d OUT
がトレンドに入ってるので、思い出して。

(スタバの新作ドリンクが売り切れだった、というのを

誰かが間違えてツイートしただけでしたが。)

 

「あのアーティストはシーンの中にいない」
という言い方をすることがあって、

ヒップホップが一つのブームになったときは
アイドルグループも、サビのあとにラップ風の歌詞が続いたりして

 

いわく要素だけを借りた、という意味で
シーンにいないとか、シーンから評価されていないとか、

 

これはおそらく全ての音楽ジャンルにあって
肯定的にも、否定的な文脈(こちらの方が多い)でも使われる。

 

そう言う意味で
SOUL’d OUT ほど誤解されたグループはなかったのでは。

 

世の常で、最初に注目されたジャンルで括られがちなのですが、

例えばマイケルジャクソンもオフザウォールまではダンスミュージックとして括られることもあったし、

宇多田ヒカルのデビューの頃も
R&B歌手として紹介されている記事やニュースが多かった。

 

マイケルジャクソンは、その後
スリラーで王道ポップスを
デンジャラスでラップやファンクを入れて、
スクリームではノイズを取り入れてと

オールジャンルのポップスターとして確立した。

 

宇多田ヒカルも、
二曲目のMovin' on without youからR&B歌手じゃないよ、と打ち出して
ポップのシンガーソングライターであるという評価を得た。

 

しかし、SOUL’d OUT
今でこそ、
洋楽ポップスと日本の歌謡曲をミックスした
ジャンルと時代を越えた類稀なミュージシャンという評価が妥当しますが、

当時はラップが上手すぎたり器用すぎたり売れすぎていて

 

当時のヒップホップシーンがこぞって「剥がし」にきたんですよね。

 

思い出すのが、
琵琶サークルの部室でSOUL’d OUTを聴いていたら
「先輩、何ダサいの聴いてんすか」とヒップホップフリークの後輩に言われたもんで。

でも当時の空気感ってまさにそれで。


SOUL’d OUTにとっては荒波立つアーバンナイトだったわけです。

 

でも、
マイケルジャクソンに、「お前はダンスミュージックじゃない」っていう批判が当てはまらないことと同じく
宇多田ヒカルに、「彼女はR&Bのシーンには居ない」という批判が当てはまらないと同じく、

 

SOUL’d OUTがヒップホップに収まるわけがなく、
それは大げさな話ではなく、
黙示録と共に研ぎ澄ます話で、

 

そういう意味では聴く側もシーンも無知だった。
悲運な。

 

それでもR指定みたいなSOUL’d OUTをきっかけに日本語ラップを始めた世代がSOUL’d OUTの再評価の波を作ってくれたのは嬉しい。

 

マイケルジャクソンも、
亡くなってThis is itから再ブームがきたので

今となってはピンときませんが、
デンジャラス以降、ずいぶんと「ダサい」と言われてしまう時期があった。

 

ニルバーナのドラムスのデイブグロールが
ライブでマイケルのステージ衣装っぽいのを着て
ファンにダセーとブーイングさせて盛り上げる、みたいな悪ノリをしたり。

 

汚いジーンズで無造作でそのまま歌うのがカッコいい、という新しい価値観の中で
金フンドシやスリラージャケットなどのステージ衣装で、

非日常を演出するスターだったマイケルは
当時は「古いミュージシャン像」の象徴でもあった。

 

転換期が、
マイケルジャクソンを聴いて育った世代
ジャスティン・ティンバーレイク
マイケルジャクソンのオマージュで再評価の波を作っていく。

 

つまりは、
R指定ジャスティン・ティンバーレイクが重なってくるわけですね。

 

 

まぁ、長々と書きましたが、
カッコいいものはカッコいいし、
必ずしもシーンに評価される必要はない、という話。

 

 

クリスタル糸巻き

f:id:tegeist:20220616150644j:image

 

透明糸巻きの意味合い

 

今回の撮影には、新しいことを全部盛り込みたかったので


アクリル撥、七柱、カッタウェイ、ストラップ、と
盛り込んだのですが、

 

その中の一つがアクリル透明糸巻き


実は色付けがギリギリで、週末届いたものを早速使った。

 

さて、このアクリル糸巻き
琵琶史においてどんな文脈があるのか、

 

1.見た目
まずは見た目、楽器はなぜか透明になるのですよ笑。
ギターバイオリン三味線ピアノ
YOSHIKIのドラムは透明にすることで鳴らなくなるらしいのですが(関ジャム)
それでもやる。

 

私のヒーロー上妻宏光さんの三味線が青みがかった透明糸巻きで、憧れていたのです。

 

音質としては、
変わる。
もう少し聴き比べをしないとですが、思ったより変わりますね。


単に5本糸巻きを変えると全体の重量の比率の中でも変わるので
糸巻きだから変わったのか、比重が変わったから変わったのか。

 

なので、全部アクリルよりも何本かだけもよいのでは、と。
キカイダーのような、人間部分残ってる感じが笑。

 

2.新素材であること
象牙レスもそうですが、邦楽器に新素材を試していくキャンペーン実施中なので、
新素材としての意味あい。

 

三宅島の桑も、大きな柘植も、誰もが手に入れられるわけではない。
そのための新素材ですね。

 

3.鶴田先生のやりそうなことを全部やる


これも人生の目標で、

 

松本人志さんが『遺書』で
新しいことやろうとすると「それビートたけしがやってた」と言われた
と書いてましたが。

 

その世界では、「新しいこと全部先にやってる人」というのが必ずいまして、
スノボのショーンホワイトだったり、
中国琵琶での劉天華だったり、

 

琵琶だと鶴田錦史先生が
プラスチック撥、エレキ琵琶、エフェクト、立奏、オケ、現代音楽、菊水柱

 

立奏だけは、構想だけだったので、
実現は私なのですが(ここ試験に出ます)、

その文脈での新素材糸巻き

 

 

とまぁ、色んな文脈でのアクリル糸巻きですね。

 

いや、別に
「カッコいーじゃーん」でよいのですが
琵琶史の中の位置づけとか音楽としての意味合いを一回考えないと収まらない症候群でして笑。

ドラマの演奏指導

演奏指導

 

というわけで、
あるドラマのシーンのために

琵琶の演奏動作を教えてきました。

 

この「当てぶり」のやり方を教える、という
脳の使い方がいつもと違う。

 

琵琶を教えるときは
それこそ単音の打弦だけ2週間させて、
次はトレモロで、と段階を追っていくのですが


楽器の練習ではなく、
「弾いてる風な動作」の練習

 

それを教える経験がないので、なんとも手探りで。

 

気がついたんですが、当てぶりって楽器によって難易度が違いますよね。

 

意外とピアノは楽で、
そもそも表情と指を同時に映せない楽器なので、

ピアノ側から表情みえるようなショットにして
音楽にあわせて身体を揺らしたり表情作ればよいですし、

鍵盤を映す真上からの手のショットは、同じドレス着たピアニストで誤魔化せる。

 

尺八とかも、
指をできるだけ合わせつつも、首を揺らすぐらい、でしょうか。

 

ディジュリドゥや鼻笛、ハンドフルートなど

指使いのない楽器は更に当てぶりとしては楽なんでしょうか。

 

ギター系は割と難しく、
バッキングはタイミングを合わせればよいですが、
ソロの指とフレットを合わせるのは、
ネックに寄ったショットにして、ギタリストに替えるとか。
その意味ではマイケルJフォックスの当てぶりは最高に上手かった。(というか、彼は普通にギターが上手いのだけど)。

 

琵琶は更に難しいというか、
ギターのようにストラップを低く持たないので、
ネックが顔に近い。
つまりは、相当寄るか、相当遠景にするか、
誤魔化しが難しい。

 

ということで、
できる限り、リアルな当てぶりを習得してもらうのですが、

ギター経験もあって勘もよく、
見るみるうちに習得して、礼儀もよいですし、なんだか気持ちのいい青年だった。

 

これをきっかけに琵琶に興味をもってくれるとよいなと願いつつ。

琵琶のステージパフォーマンスの研究

マイケルJファックス

 

ひょんな縁で、琵琶の当てぶりを指導することに。

当てぶり、とは

音に合わせて、弾いてる演技をするのとですね。

 

そしてエレキギターのように、派手に弾きまくってる図が欲しいらしい。

バックトゥザフューチャーのマイケルJフォックスが
ジョニービーグッドを弾いたようなイメージでしょうか。

 

そこで、

とりあえず鏡のある練習室借りて
マーティがやってたのを全部やってみる。

 

ウィンドミル奏法 (ザ・フー
これは割とできる。琵琶の側面に当たらないように注意

・ダックウォーク (チャックベリー)
腰が辛いが、できなくはない。
しかしカッコよくない。
そもそもギターでもカッコいいわけではないというか、
チャックベリーがカッコよかっただけでは。

・ライトハンド奏法(ヴァンヘイレン)
できなくはないが、音量が小さいのでコンプレッサーを噛ませたい。
撥を一回置く必要あり。

・背面弾き(ジミヘン)
これはストラップが腰でフィックスするので
できないんですよね。改良できないものか。

・寝転がって尺取り虫の動き(アンガスヤング?)
コレの元ネタがわからないんですよね。
とりあえず琵琶は海老尾が出っぱってるので
寝っ転がるのはリスク大きい。

・アンプに足置く、蹴飛ばす(ビジュアル系など)
これは簡単ですね。

・足上げステップ(布袋寅泰
これもダックウォークと同じで、
本人がやるからカッコいいってやつですね。

 

あとはポールギルバートのドリル
MIYAVIのようなスラップができるか

 

とりあえずローリー寺西さんの動画を見て変則奏法を練習する。